野人続々!プロジェクト

日本中を熱狂させ、世界を体感し、そして今なお鳥取で疾走し続ける
"野人"岡野雅行。
彼のプレーは、私達に「とびっきりの感動」と「忘れることのない幸福感」を
もたらしてくれます。

「彼のように世界で活躍し、日本中を沸かせたい!」
子供たちの夢は、無限に広がります。
どんな時もあきらめない、しなやかな心。はずむような強靭な肉体。

彼のような選手がまた誕生して欲しい。
そんな願いのこもった今回のプロジェクト。

"野人"岡野雅行。ジョホールバルに続き、再び日本サッカー界の歴史の扉を開きます。
日本一小さな鳥取県から、日本初の大きな夢をかなえよう。

このプロジェクトに是非ご賛同いただき、ご協賛をお願いします。

強小の森スポーツパーク『YAJINスタジアム』建設

ガイナーレ鳥取は岡野雅行選手と共に、市民が集い、次世代が育ち、そして街の晴れ舞台となるような施設:強小の森スポーツパーク『YAJINスタジアム』(収容約7,000名)の建設を計画しています。計画している土地は約7万m2の民有地で米子駅から車で10分の市街地に位置しています。サッカーの魅力を存分に発揮できるよう、ピッチと客席との距離を最大限狭め、興奮の舞台とします。年間を通じてユース年代の公式リーグ戦(プリンスリーグ)を誘致開催し、地域市民が一体となって、次世代の成長を見守る環境づくりをします。また、ガイナーレ鳥取トップチームのトレーニングゲーム開催や、公式戦開催を視野に入れ、街の晴れ舞台として提供します。

日本初・市民クラブ発スタジアム建設

『YAJINスタジアム』は個人の皆様からの協賛金を財源として建設します。皆様おひとりおひとりの協賛金が建設予定資金に達し次第、工事に着工し皆様の想いを形にします。また「強小の森スポーツパーク建設応援団(仮称)」を立ち上げ、幅広い市民の皆さんからの声を拾い上げながら完成を目指します。

地域社会において多方面で「街の元気」に貢献する

さらに『YAJINスタジアム』を中心とした『強小の森スポーツパーク』では、サッカーに限らずスポーツを通じた交流を深める場として、市民の皆様に提供します。また、岡野雅行選手を中心とした人物メモリアル機能(オブジェ)やカフェテラス、ドッグランなどを整備し、地域住民の憩いの場、観光の場としても地域社会に貢献できるよう計画しています。
OPENING MEMORIAL MATCH

レンガ・彫像に名前を刻もう!

レンガ・彫像に名前を刻もう!

YAJINスタジアム建設資金

目標
300,000,000
達成
151,392,446

2014/5/28現在