試合情報

鳥取
鳥取
HOME
2018 明治安田生命J3リーグ第30節
11.4 [日] 13:00
チュウブYAJINスタジアム
試合終了
1
0 前半 0
1 後半 1
1
86'
ヴィートル ガブリエル
50'
佐藤 颯汰
北九州
北九州
AWAY

COMMENT

須藤 大輔 監督

北九州のパワーというか、縦に速い個人のスキルとか能力というのを発揮してくるサッカーに少し押し込まれてしまったかなというのが前半はあります。その中でなかなかラインが上がらない中、失点をしてしまいました。どうにか自分たちのリズムに手繰り寄せられれば良かったんですけど、中盤のところで時間を作る事ができなかったのかなというのがありました。そこで時間を作れないので若干DFラインとFWラインが間延びしてしまって、長いボールでサイドチェンジはできるんですけど、そこからの展開というのが数的な所で幅と厚みがもっと使えたらなというのがありました。後半になってもう少し中盤で時間を作りながら攻撃をしようということをやっていました。なかなか自分たちのリズムになれずに後ろが重たい状況で相手に逆にバイタルを使われていたので、システムをいじって後ろを軽くしながら前に人数を掛けたいという狙いでした。その結果1点取れたことは評価できると思います。選手もフラストレーションを抱える中90分を通してもう1点を取りに行く姿勢を見せられたのは評価できますし、勝たせてあげたかったなというのは感じます。あと1点足りなかったということで勝ち点2が足りなかったんですけど、まだまだ何も終わっていないですし、よく追い付いたということも言えますし次に繋げて行ければなと思います。どういう戦いを今後していくかというところも、状況に合わせて立ち位置ですとか噛み合わせ、マッチングというのも踏まえてまた一週間しっかり準備していきたいです。

ヴィートル ガブリエル

ヴィートル ガブリエル 選手

試合に出る限りは毎試合ゴールを狙っていて、今日得点を決められたということは非常に嬉しく思います。ただ、自分自身が得点を決める以上にチームの勝利だと思っているので、引き分けという結果に終わったのは得点を決めた一方で悲しい気持ちがあります。
(残り試合に向けて)
ピッチの上に立ったら強い気持ちを持って戦うことが重要だという風に思っています。後半終わりの方で、交代の札が出たタイミングでまだやれるという風にコーチングスタッフに言いましたけど、やはりそれ位の強い気持ちをそれぞれの選手が持って最初から戦うことが非常に重要だと思っています。まだ4試合あってJ2昇格に絡めている中でまだまだ諦める気持ちはありません。

井上 亮太

井上 亮太 選手

個で攻めてくるチームに対してうちはあまり良くない試合が多くて、今日の試合はしっかり声をかけて最初から最後まで集中させていこうと試合に臨みました。サイドからクロスが多いということで、左サイドの場合は右サイドの上松、左サイドの場合は右サイドの魚里のポジショニングについて声をかけてやっていました。
(PKセーブについて)
キッカーのダヴィ選手が左利きだったので、反応とかではなくて左に跳ぼうと決めていました。福島戦のときに左に跳ぼうと思っていたんですけど蹴られる瞬間に右に跳んで逆になったので、今回は最初に決めた左に跳ぼうというのを信じたのと、あとは後ろのサポーターの声を借りて止めることができました。

このページの上部へ