試合情報

鳥取
鳥取
HOME
2022 明治安田生命J3リーグ第19節
7.30 [土] 18:30
Axisバードスタジアム
試合終了
4
2 前半 0
2 後半 0
0
14'
石川 大地
36'
新井 泰貴
68'
髙尾 流星
90+2'
新井 泰貴
岐阜
岐阜
AWAY

COMMENT

金 鍾成 監督

(試合を振り返って)

我々は、毎試合安定して点が取れるという攻撃力を持っていないので、しっかり前線からプレッシャーをかけてチャンスを活かすという流れでゴールを取れたというのは、意図している形が今日の試合で出たかなと思います。最後までボールを動かし続けてできるだけ守備も高い位置からいって、なおかつ後半に点も取れてゲームをしめることができたので、今日は選手達は最後まで集中したなと思いますし、そこは讃えてあげたいなと思います。リーグ戦の半分を終えてやっとAxisバードスタジアムで勝利して、残り半分は切ったのですが少しでもいい勝ちゲームをして、サポーターの皆さんにお返しをしなければいけないなと思います。また少し期間が空くのですが、立ち止まる隙を持たずに選手達にも隙を与えずにやっていかなければいけないなと思います。

髙尾 流星

髙尾 流星 選手

(初スタメン初ゴールを振り返って)
練習も辛かったのですが、スタメンと言われて「やっときたな」と思いましたし、絶対に結果を残してここからどんどんスタメンに呼ばれるように頑張ろうと思いました。
ゴールシーンは、田村亮介選手からいいボールが来たので、自分は決めるだけでした。ゴールが決まって率直に嬉しかったですし、ボールが目の前に転がってきたのはもってたなと思いました。プロになってから中々ここまでゴールがなくて苦しかったのですが、やっと一点取れたのでここからどんどん量産できるように頑張って行きたいと思います。高卒選手で1年目から試合に出続けている先輩の選手がいる中で自分が入って来て、中々試合に出れない状況でサポーターの皆さんも期待くださっている分申し訳ないなという気持ちでいっぱいだったので、やっとサポーターの皆さんの前で結果を残せたのは良かったと思います。
(今後への意気込み)
まだ一点を取っただけなので、ここからスタメンに定着できるように練習から頑張っていきたいです。

石川 大地

石川 大地 選手

(今日の試合を振り返って)
ゴールに直結する動きだったりパスだったりを交えながら、上手く要所要所を繋いで相手の逆を取るプレーというのが攻撃面では随所で出たのではないかなと思います。守備のデュエルの部分も、前節の福島戦で2点取った後に3点取られたところがあって、やっている選手が肌で感じた部分があったと思うのでそこを体現したのではないかなと思います。
ハーフタイムや試合中に「前節のようなこともある」とみんなで声を掛け合っていたので、そこは点を取った後もみんな強く意識してゲームを進めていたんじゃないかなと思います。また、いつもよりバックスタンドにお客さんが入っていたので、選手達もそういう面で鼓舞されたのではないかなと思います。
(ゴールを振り返って)
岐阜戦は意識していないと言えば嘘になりますが、自然と意識するものがあって、その流れで上手くきたチャンスを決めることができているのかなと思います。前でFW の選手が何人か潰れてくれて、そこのスペースに入っていくと空くというのはどのチームも共通で起こりうることだと思うので、そこに上手く入っていくことができてそれを枠に打つことができて良かったと思います。コースというよりは、インパクトのところと枠に飛ばすということを意識して蹴りました。
(次節への意気込み)
4-0で勝った後の試合は、今日スタジアムに見に来てくださった皆さんや、DAZNから応援したくださった皆さんは注目されると思うので、ここから上手く次も一回一回の試合を大事にして挑んでいきたいと思います。

このページの上部へ