ニュース

クラブ
2020年5月12日

「Jリーグ2020シャレン!アウォーズ」にて『しばふる』がメディア賞受賞のお知らせ

この度、Jリーグ全56クラブのシャレン!(社会連携活動)の中から、特に社会に幅広く共有したい活動を表彰する「2020Jリーグシャレン!アウォーズ」において、一般投票と予備選考・選考委員会を経て、ガイナーレ鳥取の芝生生産プロジェクト「しばふる」がメディア賞を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

メディア賞受賞を受け、本日5月12日にオンライン記者会見を行いましたので、下記にコメントを掲載いたします。

代表取締役社長 塚野真樹 コメント

Jリーグが全国56クラブの「ホームタウン活動」「社会連携活動」に大きな価値を感じており、ここ数年「社会連携」略して「シャレン」というキーワードで各クラブのホームタウン活動をまとめて、日本中・世界中に活動を発信していこうと取り組んでいます。
「Jリーグシャレン!アウォーズ」は今年が第1回で初めての開催となりました。「シャレン」の大きな定義は、クラブ・それ以外の方々・地域の方々といった形で3社以上で社会の課題を解決する活動をする。これをシャレン活動と捉えて各クラブが取り組んでおり、さまざまな活動をされている中で特にPRしたい活動を全クラブエントリーして行われたのが、今回の「Jリーグシャレン!アウォーズ」です。

その56クラブの中から、特に特徴のあった活動を「ソーシャルチャレンジャー賞」「パブリック賞」「メディア賞」「チェアマン特別賞」として表彰されるにあたり、弊クラブの芝生生産事業『しばふる』の活動が「メディア賞」を受賞させていただくこととなりました。

「メディア賞」とは、審査員となったメディアの皆さんが“自身の媒体に取り上げたいと思う活動であること”を審査の基準として選ばれる賞で、12社のメディアの皆さんがガイナーレ鳥取の『しばふる』を選んでくださり、受賞に至ったという経緯であります。
「メディア賞」含めて4つの賞がございますので、どれが1番というわけではないですが、数多くの方に『しばふる』の活動をご評価いただき、大変嬉しく思います。

『しばふる』という活動は、私どもが皆さんにご寄付いただいて「チュウブYAJINスタジアム」を建設したことがおおもととなります。自前の施設ですので自分たちでピッチ(芝生)を管理するところから始め、年数を重ねるごとに芝生のノウハウを身に着けたことで、管理だけでなく生産もできるのではないかと考えました。スタジアムの周りには砂地の遊休農地がたくさんあり、そこは私たちが今生産しているスポーツ芝「ティフトン」の生産に非常に適しているということに気付き、2017年にシンポジウムを開くとともに、実際に4500平米ほど種芝を植えて作り始めたというのがスタートのきっかけでございます。

数あるスポンサーさまの中で『しばふる』の活動には、永伸商事株式会社さま、三光株式会社さま、株式会社チュウブさま、本田技研工業株式会社さまの4社にご協賛いただき、支えていただきながら今日まで活動を続けております。

2017年から『しばふる』をスタートし、初めて芝生を出荷したのが2018年ですので、足掛け4年が経っております。一気に大きく広がってはいませんが、取り入れてくださった施設の皆さんにはご好評をいただいており、私たちはサッカーをする上で芝生とは切っても切れない縁ということで、分かりやすい活動でもあると思っています。

今は新型コロナウイルスの感染が拡がってJリーグも開催できておりませんし、明るい話題をなかなか提供することができていませんが、今回は賞を頂いたということで、少しでも地域の明るい話題になればと思います。
また、これからもこうした活動を通じて、地域のお役に立てればと思います。

代表取締役GM 岡野雅行 コメント

今回「Jリーグ2020シャレン!アウォーズ」にて私たちの『しばふる』の活動がメディア賞を受賞したということで、大変嬉しく思っています。
私もずっとサッカー選手としてプレーしてきましたが、学生の頃から芝生の上でプレーできた時にはその感触に感動し、喜びを感じていました。

私たちが芝生を生産するようになり、これまで6つの施設に芝生を出荷させていただきましたが、皆さんには本当に喜んでいただいております。特に、最初に芝生を出荷したつばさ保育園では、子ども達が外で遊んだあと今までなら泥を落としてから部屋に入っていたのが芝生になってからは汚れることもなく、そして何よりも安心して安全に遊べるということで、先生方からも生の喜びの言葉を聞いて、本当に嬉しく思いました。

これからも地域の皆さんとともに活動を続けていきたいと思っております。

2020Jリーグシャレン!アウォーズ・概要

各賞
ソーシャルチャレンジャー賞/パブリック賞/メディア賞/Jリーグチェアマン特別賞

●表彰
受賞した活動/クラブには、記念品(楯)を授与する

●選考基準
・ソーシャルチャレンジャー賞
その地域にある社会課題解決に対してチャレンジしていること。

・パブリック賞
 国や自治体が掲げる政策を活用し、地域の課題解決に向けて、多様なステークホルダーと連携し、持続可能な活動となるように取り組んでいること。

・メディア賞
 記者として、自身の媒体に取り上げたいと思う活動であること。

・Jリーグチェアマン特別賞
 シャレンの定義(共通のテーマ✕三者以上の共有)を理解し、Jリーグの代表となるような活動であること。

●選考委員会
・一般投票
 投票期間:3月17日(火)18:00~3月31日(火)13:00まで

・予備選考
 シャレン!コアメンバー、Jリーグ社会連携本部事務局

・選考委員
 Jリーグ常勤理事、有識者

●Jリーグのリリースはこちら
2020 Jリーグシャレン!アウォーズ 各賞決定のお知らせ(5/12 15:00発表)

 

このページの上部へ