ニュース

クラブ
2021年5月7日

チュウブYAJINスタジアムを活用した新規プロジェクト「夜宴スタジアム」が5月21日(金)オープン!

この度、ガイナーレ鳥取はクラブの本拠地である「チュウブYAJINスタジアム」を活用した新規プロジェクト『夜宴スタジアム』を2021年5月21日(金)にオープンします!
※オープン日は天候により変更する場合がございますので予めご了承ください。

■「夜宴スタジアム」公式ページ
https://www.gainare.co.jp/yaen/

「夜宴スタジアム」メルマガ登録はこちら
 

■「夜宴スタジアム」オープン背景

1.YAJINスタジアム建設当初からの思い「地域住民の憩いの場に」
YAJINスタジアムは個人の皆様や地元企業の皆様からの協賛金を財源に2012年12月に建設し、当初から地域住民の皆様の憩いの場として整備する計画を進めてまいりました。「夜宴スタジアム」のオープンは通過点。これからは、サッカー・スポーツだけでなく地域の“プラットフォーム”として地元企業にも活用していただき、地域の皆様にとってより身近な場所をつくっていきます。

2.コロナ禍でも屋外で密を避けた空間を提供できる、広大な芝生広場
新型コロナウイルスの影響を受けて、以前のように人が集まる・楽しむことが困難になりました。しかしスタジアムという広大な芝生広場をうまく活用すれば、新生活様式に沿った・密を避けた新しい場づくりができると考えました。また、本事業をスタートするにあたり「米子市新規ビジネスモデル創造支援補助金」を受けています。

※新型コロナウイルス感染症の影響下・収束後でも持続可能で、新規の需要を開拓し、広く市内の他の事業者への事業効果の波及が期待できる新規ビジネスの立ち上げを米子市が支援する補助金

3.照明設備や屋根がないことを逆手にとった新発想のスタジアム活用
YAJINスタジアムには照明設備も屋根もありませんが、日が沈めばきれいな星空が見られます。絶景の大山、島根半島に沈む美しい夕日も望めます。夜のスタジアムを楽しむ仕掛けを用意し、そこに人が集まる宴会場のようなスタジアムがあってもいい、と考えました。サッカークラブ・サッカー専用スタジアムの非稼働時間を利活用する新規事業に挑戦します。
 

■「夜宴スタジアム」のエリア案内
・樹木イルミネーション
・ゴール裏噴水
・光るウォーターバルーン
・シンボルツリーライトアップ

「夜宴スタジアム」は、これで完成ではありません。今後BBQエリアやスタジアムグルメなど続々オープンしていく予定です!
 

■施設概要
所在地:チュウブYAJINスタジアム(鳥取県米子市安倍1-1)
営業日:5月21日(金)~5月29日(土)までの水曜日・金曜日・土曜日
※5月29日(土)は臨時休業日となりました(5/27更新)
※5月中はプレオープン期間とし、6月以降の営業日は夜宴スタジアム公式ページの「カレンダー」を更新いたします
営業時間:18:30~21:00(6月以降の営業時間はカレンダーよりご確認ください)
入場料:大人500円/小・中学生250円/園児・乳幼児は無料
駐車台数:200台(無料)


■アクセス
<お車でお越しの場合>
・山陰道「米子西IC」または「米子南IC」から約15分

<米子駅からお越しの場合>
・路線バス(約15分)→「内浜線/マルイ安倍店前」から徒歩約7分、または「境港線/浜橋」から徒歩約10分
・タクシーで約20分

<最寄り駅(JR境線/河崎口駅)からお越しの場合>
・徒歩約20分

<米子鬼太郎空港からお越しの場合>
・徒歩2分で「JR境線/米子空港駅」(約15分)→「JR境線/河崎口駅」から徒歩約20分
・タクシーで約15分

 

このページの上部へ